博多祇園山笠2022桟敷席のチケット購入方法や注意事項は?

イベント

博多祇園山笠が3年ぶりの開催が決定し、2022年の博多祇園山笠は大盛り上がりになること間違いなしですね!

博多祇園山笠は7月1日から15日にかけて開催され、中でも一番の見どころは、10日以降に行われる「追い山ならし」と「追い山」ではないでしょうか!

1トンもの山笠を担ぎ、街中を走りタイムを競う迫力のある追い山!

追い山ならしと追い山を見るには、有料の桟敷席と歩道で観覧する方法があります。

有料の桟敷席には事前にチケット購入が必要であり、一瞬で売り切れるという人気の席!

博多祇園山笠の桟敷席のチケット購入方法や注意事項を紹介します!

博多祇園山笠2022の桟敷席のチケット購入方法

博多祇園山笠の人気席、桟敷席(さじきせき)のチケット購入方法は一つしかありません。

それは直接櫛田神社に行って購入のみになります。

ネット販売などは行われないので直接行けるかたに限ります!

チケット販売日は

桟敷席のチケット販売は、毎年6月26日午前9時開始です。

今年の6月26日はなんと日曜日!

平日よりも購入希望の方で殺到することが予想されます。

何時から並ぶ?

2022年の販売日は日曜日ということもあって、殺到することが予想されますが、では何時頃から並ぶとよいのでしょうか。

通常ですと、前日の6月25日の15時頃から、購入希望者のパイプ椅子が並べ始めます。

15時過ぎ、パイプ椅子が並べ終わり次第、待っていた方から人気の席を取っていきます。

25日の15時頃からパイプ椅子が並べ始めるといっても、それ以前にすでに待っている方も多くおり、25日の早朝から待っていたツワモノもいるとか!

3年ぶりの開催と感染対策で通年通りいかない可能性もありますが、覚悟を持って並ぶことが必要ですね!

販売開始されてからは、毎年10数分で完売なので、どれだけ人気なのがわかりますね!

常時Twitterで確認することをおすすめします!

値段は?

桟敷席の値段は二通りあります。

  • 追い山ならし(7月12日):一枚3000円(1人2枚まで)
  • 追い山(7月15日):一枚6000円(1人1枚限り)

博多祇園山笠2022の桟敷席の注意事項

いざ、無事に並べたら次に注意すべきことは、「点呼」時に席にいることです

26日当日朝に「点呼」が行われますが、もしその場にいなかった場合は席が詰められてしまいます!

せっかく長時間並んだのがパーになってしまいますので、注意が必要です!

点呼の時間は決まってはいないので、なるべく6時以降は席についていた方がよさそうです。

以前は6時の時もあれば、8時の時もありました。

6月なので、寒い日もあれば暑い日もあるので、防寒対策も忘れずに!

まとめ

3年ぶりに開催される博多祇園山笠!

山笠の一番の見どころの追い山と追い山ならしを観覧できる桟敷席のチケットの購入方法や注意事項を紹介しました。

桟敷席のチケットを購入するには前日より並ぶことが必須となり、販売開始10数分で完売が予想されます。

また、前日より並んでいる際に、「点呼」の際にいないと席が詰められてしまいチケットの購入ができなくなってしまいます。

そして、6月という気温が読めない時期ということもあり防寒対策など忘れずにチケット購入に挑んて頂ければと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました